2018/10/31 19:40

フィリピンの人気女優、鬼才ラブ・ディアス作品出演は「美しき挑戦」

舞台挨拶に立ったシャイーナ・マグダヤオ
舞台挨拶に立ったシャイーナ・マグダヤオ

 [映画.com ニュース] フィリピンの鬼才ラブ・ディアスの約4時間にわたる実験的超大作「悪魔の季節」が10月30日、第31回東京国際映画祭で上映され、メインキャストのひとりを演じたフィリピンの人気女優シャイーナ・マグダヤオが舞台挨拶に登壇した。

 上映時間の長さと海外の映画祭での受賞歴、そして政治的なテーマ性で知られるディアス監督の作品の中でも実験的と称され、登場人物が約4時間、アカペラで歌唱し続ける“ロックオペラ”。1970年代後半のマルコス独裁政権下の時代を舞台に貧しい村で医院を開業した女医の失踪と彼女を捜索しようとする夫の姿を描く。

 6歳でデビューし、フィリピンで人気のテレビシリーズに出演するなど長いキャリアを誇るマグダヤオだが、そんな彼女にとっても「ラブ・ディアスの作品に出るというのは特別なこと。冗談で『エキストラで立っているだけでもいい』と言ったくらいです(笑)」と語る。

 政治的にセンシティブな内容であることから、撮影はフィリピン国内ではなくマレーシアで行われたが「何もないジャングルでの撮影でした。私は月水金と国内のテレビシリーズの撮影があったので、土日にマレーシアに来て撮影し、またフィリピンに帰るという日々を繰り返しました」と明かす。ディアス監督の撮影は基本的に一発撮りで「テイク2は存在しない」。しかもアカペラによる歌唱でセリフを言うという難易度の高い役どころであり、マグダヤオは「美しき挑戦だった」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >