2018/11/01 05:00

笑福亭鶴瓶、菅田将暉主演「アルキメデスの大戦」参戦!自身がモデルの“社長”演じる

 [映画.com ニュース] 三田紀房氏の人気漫画を菅田将暉主演で実写映画化する「アルキメデスの大戦」に、笑福亭鶴瓶が出演していることがわかった。物語の鍵を握るキャラクターであり、自身と瓜二つの大里造船社長・大里清に扮している。

 「ドラゴン桜」などで知られる三田氏の原作を、「永遠の0」の山崎貴監督が映画化。1930年代、対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対する海軍少将・山本五十六(舘ひろし)は、帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする。

 鶴瓶演じる大里は、戦艦大和建造計画阻止の鍵を握る重要人物。ビジュアルから見て取れる通り、原作者の三田氏が鶴瓶をモデルに考案したキャラだ。実写化にあたり、製作陣はいの一番にオファーを出し、鶴瓶もこれを快諾。「漫画で出てくるそっくりのキャラクターを演じると聞いて何のこっちゃと思って読んでみたら、『そのまんまやんけ!』と驚きました。原作だと会社も『鶴辺造船』でしたし。漫画通りやるなら、それはもう僕が一番だと思います。原作者の先生も僕に内緒で描きはったみたいですけど(笑)、出演を聞いて喜んでいたようで、僕もすごく嬉しかったです」とコメントを寄せ、三田氏も「もとから鶴瓶師匠の大ファンでした! 勝手に描いて申し訳ありません。それもノーギャラで(笑)。漫画でも実写でもキャラクターとして神です! 今回望みが叶ってとても嬉しいです」と大喜びで明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >