2018/11/01 14:00

高畑勲監督はアニメーションの開拓者 “盟友”小田部羊一&吉村次郎、切磋琢磨の日々を語る

(左から)清水慎治、小田部羊一、吉村次郎
(左から)清水慎治、小田部羊一、吉村次郎

 [映画.com ニュース] 故高畑勲監督を特集する「高畑勲監督特別上映会」が10月31日、第31回東京国際映画祭で開催され、長編アニメ初監督作「太陽の王子 ホルスの大冒険」がTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。上映後のトークショーには、東映動画(現・東映アニメーション)時代の高畑監督を知る小田部羊一(アニメーター/キャラクターデザイナー)、吉村次郎(撮影)が出席。清水慎治氏(東映アニメーション常務取締役)の司会進行のもと、アニメーション製作に没頭した若き日々を振り返った。

 1968年公開の本作は、当時の東映動画の精鋭スタッフが結集しており、高畑監督をはじめ、場面設計・美術設計・原画を宮崎駿、作画監督を大塚康生が担当。原画スタッフとして参加した小田部は、「50年ぶりなんですよね」と噛み締め、「もう少し古ぼけて見えるのかなと思ったのですが、意外や意外。やはり高畑監督の力を感じました」と感慨深げに語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >