2018/11/01 15:00

日本監督協会新人賞の岩切一空監督、悲痛“監督は食えないかも”

岩切一空監督とガブリエラ・アマラウ ・アウメイダ監督
岩切一空監督とガブリエラ・アマラウ ・アウメイダ監督

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭で10月31日、岩切一空(いそら)監督の「花に嵐」の日本映画監督協会新人賞記念上映が東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、岩切監督とホラーテイストの異色のホームドラマ「翳りゆく父」でコンペティション部門に選ばれたブラジル出身のガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督が対談した。

 なりゆきで映画サークルに入った新入生の”僕”(岩切監督)が、部室に置いてあったカメラを借りて映像日記を撮り始めるうちに「花」というナゾめいた女の子と出会い、「未完に終わった映画の続きを撮ってほしい」と頼まれて……というストーリー。主人公が持つカメラで物語が進むフェイクドキュメンタリーだ。PFFアワード2016準グランプリなど数多くの賞を受賞し、今年4月に日本映画監督協会新人賞も手にした。

 岩切監督は、次作「聖なるもの」も若手監督の登竜門「MOOSIC LAB」で4冠に輝き、今年、劇場公開された有望株。「映画を見ていたわけでもなく、撮りたかったわけでもないのですが、シネフィルの先輩に鍛えられ、映画を撮りました。大学を卒業して4年目です。監督協会新人賞がどんな賞か知らなかった。ウィキペディアで調べて、すごい賞だと思った。インディーズ系の賞はもらったけども、こうした賞は初めてだったので、うれしかった」と喜んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >