2018/11/01 16:00

「サイモン&タダタカシ」モデルは小学校の同級生が「大好きだった」小田学監督本人

男子高校生2人の青春ロードムービー
男子高校生2人の青春ロードムービー

 [映画.com ニュース] 阪本一樹と須賀健太がダブル主演を務めた青春ロードムービー「サイモン&タダタカシ」が11月1日、東京・六本木で開催中の第31回東京国際映画祭「Japan Now」部門で上映され、メガホンをとった小田学監督、同部門プログラミング・アドバイザーの安藤紘平氏がティーチインを行った。

 工業高校卒業後、大学に進学するサイモン(阪本)と実家の工場を継ぐ親友タカシ(須賀)。男だらけの生活に焦ったタカシの提案で、2人は“運命の女”を探す旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに、秘めた思いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、2人の旅は予測できない結末へと進み出す。

 作品の印象を、安藤氏は「最初はコミカルなラブストーリー、青春ムービーのような始まり方ですけど、途中で後ろからぶん殴られるようなとんでもない展開になりますね」と振り返る。小田監督は「最初に書いた時は良く思われたいからもうちょっとお行儀が良くて、(劇中に登場する)ケンタウロス、UFO、爆発もなかったんです」と明かし、「そうしたら、ある方に『なめてんの? もっと本気でやれよ』みたいな感じで怒られて……自分のやりたいことをとりあえず書いてみようと練り直しました」と裏話を披露した。さらに観客からは「ただただくだらなさ過ぎて、楽しめました」という感想が寄せられ、小田監督が「怒られるのかと思った」と大笑いするなど、会場は終始和やかな雰囲気で包まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >