2018/11/01 17:00

柄本佑「きみの鳥はうたえる」の“僕”役は空・山・海と並列の存在

柄本佑と三宅唱監督
柄本佑と三宅唱監督

 [映画.com ニュース] 北海道・函館出身の作家・佐藤泰志氏による小説を映画化した「きみの鳥はうたえる」が11月1日、第31回東京国際映画祭のJapan Now部門で上映され、主演の柄本佑、メガホンをとった三宅唱監督が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでのティーチインに臨んだ。

 函館郊外の書店で働く“僕”(柄本)と、一緒に暮らす失業中の静雄(染谷将太)、“僕”の同僚である佐知子(石橋静河)。いつしか恋人の関係になった“僕”と佐知子は、静雄とともに夜通し酒を飲み、踊り、笑い合う幸福な日々を送る。しかし、終わりゆく夏とともに、3人の関係にも次第に変化が訪れる。

 10月27日に母・角替和枝さんを亡くした柄本だが、観客の前では気丈に振る舞い「『きみの鳥はうたえる』は、僕のなかでも宝物のような作品。この作品で初めて来られたことがとても嬉しいです」と初参加となった東京国際映画祭の場で笑顔を見せた。今年のJapan Now部門のテーマは「アンビギュイティ(曖昧さ、多様性)」。その関連性について三宅監督は「僕自身は作っている途中に、アンビギュイティという言葉は念頭にはなかった。ただ“僕”という男には色んな一面がある。その一面がシンプルだからこそ、矛盾する2つの要素があっても気にしなかった」と話し、「シンプルであること」「矛盾を恐れない」がテーマだと明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >