2018/11/01 22:40

加藤諒、見た目でオファーした入江悠監督に感謝「こんなに男らしい役をよく僕に…」

主題歌には高杉真宙、加藤諒もコーラス参加
主題歌には高杉真宙、加藤諒もコーラス参加

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭の特別招待作品「ギャングース」が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。主演を務めた加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、メガホンをとった入江悠監督が、上映前の舞台挨拶に登壇した。

 親から虐待され、少年院でともに過ごした“職なし、学なし、犯罪歴あり”のサイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤)、タケオ(渡辺)。犯罪集団が稼いだ収益金のみを狙って窃盗を繰り返す“タタキ稼業”で裏社会を生き抜く、3人組の危険な青春を描く。

 原作漫画のファンだったという加藤は、「僕が演じたカズキは本当に男らしくて。オネエ疑惑がずっとつきまとっているような僕を、よく選んで下さったなと思いました」と、オファー時の気持ちを語る。重ねて「映画を見て頂いたら分かりますけど、(男らしい役の)こっちが本当ですから」と胸を張る加藤に、渡辺がすかさず「それは嘘です」とツッコミを入れ、仲の良さをうかがわせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >