2018/11/02 12:00

黒人刑事が白人至上主義団体に潜入!スパイク・リー監督のカンヌ映画祭グランプリ作19年3月公開

D・ワシントン息子×A・ドライバー共演 (C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
D・ワシントン息子×A・ドライバー共演 (C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でグランプリを受賞した「BlacKkKlansman(原題)」が、「ブラック・クランズマン」の邦題で2019年3月から日本公開されることが決定した。スパイク・リー監督がメガホンをとり、アフリカ系アメリカ人の刑事が白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入した実話を描く。

 「ドゥ・ザ・ライト・シング」のリー監督と、デビュー作「ゲット・アウト」が大ヒットしたジョーダン・ピール監督がタッグを組んだクライムスリラー。リー監督作「マルコムX」の名優デンゼル・ワシントンを父に持つジョン・デビッド・ワシントンが主演を飾り、「スター・ウォーズ」新3部作のカイロ・レン役で脚光を浴びたアダム・ドライバーが共演する。

 1978年、米コロラド州の警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ワシントン)。署内の白人刑事から冷遇されるなか、捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKKのメンバー募集に応募してしまう。白人刑事フリップ・ジマーマン(ドライバー)の助けを借り、ヘイトクライムを阻止するべく、大胆不敵な潜入捜査を開始する。

 お披露目された場面写真には、相棒同士のストールワースとジマーマンが、KKKへの入団を認められた証である会員証をまじまじと見つめる姿が写し出されている。

 米批評家サイト「Rotten Tomatoes」で95%(11月1日時点)という高得点を記録した「ブラック・クランズマン」は、19年3月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >