2018/11/02 13:00

「カメ止め」プロデューサー役・竹原芳子、人生が変わった

今年のヒット作について分析
今年のヒット作について分析

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭で、協賛イベント「BS10 スターチャンネル 映画アカデミー:今どきのヒット映画の裏側」が11月1日、東京・六本木アカデミーヒルズ オーディトリアムで行われ、映画ジャーナリストの大高宏雄氏、「カメラを止めるな!」のプロデューサー役で女優の「どんぐり」こと竹原芳子、20世紀フォックス映画の営業本部「FOXサーチライト」アソシエイトディレクターの平山義成氏が登壇した。

 2018年間興行収入ランキングは、1位「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(91億円)、2位「名探偵コナン ゼロの執行人」(88億円)、3位「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(80億円)、4位「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(75億円)、5位「映画ドラえもん のび太の宝島」(53億円)。大高氏は「数字ではない見えない部分に本筋がある。3位の『ジュラシック』は前作に比べると、落ちている。4位『スター・ウォーズ』も当初の力よりも落ちた。一方、『名探偵コナン』『ドラえもん』は歴代トップで、大きな意味がある。10位の『万引き家族』(45億円)はとんでもないことになっていて、上半期の大きなトピックだった。カンヌ国際映画祭のパルムドール受賞作が大ヒットしたのは珍しい。『影武者』に次ぐヒットです」と解説した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >