2018/11/02 13:00

湯浅政明&入江悠、アニメも実写もラブシーンは「恥ずかしい」

イベントでは入江悠監督(右)の “湯浅愛”が爆発
イベントでは入江悠監督(右)の “湯浅愛”が爆発

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭の特集企画「アニメーション監督 湯浅政明の世界」で11月1日、湯浅監督が携わった短編作品をまとめた「自選短編集 1992-2014」がTOHOシネマズ六本木ヒルズ上映された。湯浅監督は、入江悠監督とともに上映前のトークイベントに出席した。

 “湯浅ファン”を公言する入江監督は、自身の監督作「ギャングース」の舞台挨拶後に本イベントに駆けつけたそうで、湯浅監督が「『SR サイタマノラッパー』を見て、『DEVILMAN crybaby』にラッパーが使えると思った。今日は入江監督にお会いしたくて、来ていただきました」と明かすと、「ずっと湯浅監督のファンで、毎作品追いかけてきたので感無量です」と喜びを爆発させた。

 その後も入江監督の“湯浅愛”は高まり続け、司会の氷川竜介氏(アニメ・特撮研究家)に「湯浅作品との出合い」を問われると「『マインド・ゲーム』を見た時に、『本当にすごい』と衝撃を受けたことを今でも覚えています」と興奮気味に振り返る。氷川氏が「どのあたりにインパクトがありましたか」と切り込むと、「湯浅監督作品の魅力……、すべてというか(笑)。イマジネーションだったり、キャラクターの躍動感だったり」と熱弁。湯浅監督は、「ありがとうございます。……ありがとうございますしかないですよね」と照れまくっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >