2018/11/02 13:00

山戸結希監督「21世紀の女の子」の“第1歩”をともに歩んだ観客に感謝!

登壇した監督陣
登壇した監督陣

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の特別上映作品「21世紀の女の子」が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでワールドプレミア上映され、企画・プロデュースの山戸結希監督をはじめ総勢14人の監督陣がティーチインに臨んだ。

 本作はすべての監督が“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間”を共通テーマとして8分以内の短編を手がけ、1本のオムニバス作品として構築されたもの。助監督時代の先輩から提案された原案を基に「恋愛乾燥剤」を完成させた枝優花監督は、山戸監督から与えられたテーマに悩んだようだが「お仕事で10代の子と一緒になる機会が多くて、その時に相談されたのが“人を好きになれない”ということ。小中学生の頃は“人を好きになる”ことを楽しみにできていたのに、大人になると相手の真ん中が見えなくなる瞬間が多くなった。もっと本能的に人を好きになれればいいのになという思いを込めました」と作品の方向性を定めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >