2018/11/02 14:00

ベルリン銀熊賞受賞監督、最新作「ザ・リバー」は日本人の精神性に密接!?

 [映画.com ニュース] 人里離れた家で暮らす年若い5人の兄弟。長男のアスランは父から弟たちの面倒を任されている。子どもの精神を育むには、世の雑事から身を離し、素朴な労働に従事させるのがいちばんと父は考えている。仕事に倦んだ兄弟は散策に出かけ、川で泳ぎ戯れる。かくも慎ましやかな日々に、いとこの少年がタブレットを持ってふらりと現れたことから、各人は刺激される。「ハーモニーレッスン」(2013/ 東京フィルメックス上映)でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したエミール・バイガジン監督の最新作は、子どもを主人公にした3部作の最後を飾る作品。34歳の監督は終始、「アンファンテリブル」と呼ぶにふさわしい雰囲気をたたえていた。

──映画祭の2回目の上映が終わったあとですね。観客の反応はいかがでしたか?

エミール・バイガジン監督(以下、バイガジン監督):多くの観客が来てくれて、上映後のティーチインにも残ってくれてうれしく思いました。ある観客は、この映画に日本人の精神性に近いものを見てくれました。ゆったりしたテンポだけど内容は濃い。そんなところに、小津安二郎に似た何かを感じてくれたみたいです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >