2018/11/02 14:00

瀬々敬久監督「菊とギロチン」乱闘シーンはぶっつけ本番「おまえら、戦え」

瀬々敬久監督と木竜麻生
瀬々敬久監督と木竜麻生

 [映画.com ニュース] 瀬々敬久監督が11月1日、第31回東京国際映画祭「Japan Now」部門で「菊とギロチン」のTOHOシネマズ六本木ヒルズでの上映後に、主演の木竜麻生ともにティーチインを行った。

 「企画自体は20歳過ぎから考えていて、いつかやりたいと思っていた」というこん身の一作。大正末期の関東大震災直後、日本全国で興行を行っていた女相撲の一座とアナキスト集団「ギロチン社」の青年たちが、混とんとした社会を力強く生き抜こうとする姿を描く3時間余の一大叙事詩だ。

 製作に踏み切ったきっかけは、2011年の東日本大震災。「その後の個人情報保護法や、世界的には極右が台頭したりと、(閉そくした)時代の雰囲気の中で作るべきと思った。僕が映画を作りたいと思った時は、石井聰亙(現岳龍)監督らがインディーズで自由に作っていた気風の頃。それにあこがれていたし、映画は自由であるべきという初期衝動に忠実にやりたかった」と力説した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >