2018/11/02 20:27

北川景子、関西人の血が騒ぐ? テレビに出るなら「笑いとりたい」

志駕晃の同名ミステリー小説を映画化
志駕晃の同名ミステリー小説を映画化

 [映画.com ニュース]女優の北川景子が11月2日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作「スマホを落としただけなのに」の初日舞台挨拶に登壇。映画PRのため、多くのバラエティ番組に出演したが「よく、番組でクールとか『意外に乙女』とか言われるんですが、自分でクールだとは言っていない」と不服を申し立て、「関西人なので、笑いには厳しいですよ。テレビに出るなら、笑いをとりたいですし、爪痕を残したい」と関西人の気概を見せた。

 舞台挨拶には北川をはじめ、千葉雄大、成田凌、田中圭、中田秀夫監督が登壇。商社で働く麻美(北川)が、結婚間近の恋人・誠(田中)がスマホを落としたせいで、身に覚えのないメールの送信やクレジット請求、個人情報の流出やSNSのなりすましなど、奇妙な出来事に巻き込まれてしまう。志駕晃の同名ミステリー小説を映画化し、全国314スクリーンで封切られた。

 田中は、北川に浮気を疑われるシーンについて、「バーで鉢合わせになるんですが、そのときの景子ちゃんが超こわかった」と回想。これには北川も「監督にも『怖すぎ』って言われて。2パターン撮って、ソフトな方を使っていただいた」と釈明したが、田中は「ソフトであれです!」と北川の“怪演”に戦々恐々だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >