2018/11/02 22:00

フランス映画「アマンダ」のTIFFグランプリに異論なし! B・メンドーサ審査委員長らが明言

毎日約3本を見る日程を振り返った審査員たち
毎日約3本を見る日程を振り返った審査員たち

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のアウォード・セレモニーが11月2日、東京・六本木のEXシアターで行われ、フランスのミカエル・アース監督作「アマンダ(原題)」が最高賞の東京グランプリ、最優秀脚本賞 Presented by WOWOWを戴冠。セレモニー終了後、コンペティション部門の審査委員長を務めたブリランテ・メンドーサ(フィリピン/監督)をはじめ、審査員のブライアン・バーク(米/プロデューサー)、タラネ・アリドゥスティ(イラン/女優)、スタンリー・クワン(香港/監督・プロデューサー)、南果歩(女優)が会見した。

 コンペティション部門全16作品の審査を終えたメンドーサ委員長は「まずは審査員の皆さんに心からお礼を申し上げます。お疲れ様でした。ともに素晴らしい時間を過ごせました。今回の結果に対して非常に満足しています。(受賞作を)決めるなかで特にもめることもなかった」と充実感をにじませた。一方、クワン監督は「ここにいる5人が作品を選定するなかで、共通の認識を持てていたことをとても嬉しく思います」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >