2018/11/05 13:00

長谷川博己、ミャンマーでの撮影に思い馳せる「太陽がでかかった」

 [映画.com ニュース] ひとつのテーマのもとに、アジアの気鋭監督たちがオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。隔年で製作され、今年はその第2弾となる。今回の共通テーマは「旅」で、日本から参加の松永大司監督作のタイトルは、「碧朱」。その主演を任された長谷川博己に、撮影現場での体験や作品について話を聞いた。今、超が付くほど忙しい長谷川だが、たおやかで凛とした姿は疲れを感じさせなかった。

--ミャンマーに行かれたのは、今回の「アジア三面鏡2018:Journey」の撮影が初めてとうかがっています。ミャンマーの印象はいかがでしたか?

長谷川博己(以下、長谷川):とにかく太陽がでかかったですね。ヤンゴンについた時には、舗装された道路もありつつ、建築中のビルの間にまだ手付かずの土の道があったり。そこの間から見える大きな夕陽がまるで砂漠の中にあるようで、何かアンバランスな感じがしたのを覚えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >