2018/11/05 14:00

「大いなる闇の日々」が警鐘を鳴らす、現代社会へのアンチテーゼ

マキシム・ジルー監督とマルタン・デュブレイユ
マキシム・ジルー監督とマルタン・デュブレイユ

 [映画.com ニュース] 世界大戦の中、ケベックからアメリカ西部に避難していたフィリップは、チャップリンのものまね大会で賞をとり、故郷に帰る決意をする。だがその帰途、戦争の狂気に巻きこまれた暴力的な人々に鉢合わせてしまい、彼の行く手を阻む。いつの大戦かははっきりと描かず、現代社会、特に資本主義社会へのアンチテーゼを色濃く描いた寓話。その警鐘について、マキシム・ジルー監督と主演のマルタン・デュブレイユに聞いた。

――寓話ではありますが、これは実際に今、どこかでありそうな話ですね。

マキシム・ジルー監督(以下、ジルー監督):今のアメリカは、世界の揺りかごのようなもので、アメリカの存在が影響してあらゆる分断が世界のあちこちに見られると思います。1940年代~70年代まで語られていたアメリカンドリームとは違うものになっていて、今は資本主義のドリームになっているんですよね。よりお金を持ち、より権力を持つということだけに夢が集中してきていると思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >