2018/11/06 12:00

B・メンドーサ審査委員長、TIFFのコンペに疑義「芸術性と商業性は融合できない」

 [映画.com ニュース] 仏映画「アマンダ(原題)」が東京グランプリ、最優秀脚本賞の2冠に輝き閉幕した第31回東京国際映画祭。コンペティション部門の審査委員長を務めたフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督は「特にもめることはなかった。我々の選択には満足している」と胸を張った。

 「審査委員長は5回目だが、私自身が監督でありプロデューサーなので、映画製作の行程を知っているから他の作品を審査するのは簡単なことではない、大変難しい作業だった。あくまで異なる役職として、1観客としてでもなく、作品の質、出来に関して見た。その中で映画的言語が効果的に使われ、心を動かされるかを大切にした」

 世界109の国と地域から応募のあった1829本から選出された16作品を、1日3本ペースで観賞。途中で意見交換などはせず、最終選考会で5人が5、6本を挙げて絞り込み各賞を振り分けた。自由気ままな青年が、姉の突然の死によって姪(めい)の世話をしながら自我を見いだしていく「アマンダ」の東京グランプリに関しては、満場一致だったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >