2018/11/07 18:30

リンキン・パーク、フー・ファイターズらが“クイーン愛”を語る「ボヘミアン・ラプソディ」特別映像

映画ではラミ・マレックらが クイーンを演じている (C)2018 Twentieth Century Fox
映画ではラミ・マレックらが クイーンを演じている (C)2018 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を映画化した「ボヘミアン・ラプソディ」の特別映像が公開された。クイーンの実際のライブシーンや本編映像と共に、クイーンをリスペクトするアーティスたちが魅力を語っていく。

 本作は、クイーンの名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスを再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出す。現メンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽を総指揮し、劇中の名曲は主にマーキュリー自身の歌声が使われている。日本公開に先駆けて公開されたイギリスでは、週末3日間で興行収入1222万ドルを突破。アメリカでも週末3日間で5000万ドルのオープニング興収を上げた。

 映像では、往年のロックバンド「レーナード・スキナード」が「当時としては最も革新的で、前衛的だった」とクイーンの思い出を語るほか、「フー・ファイターズ」のテイラー・ホーキンス、「リンキン・パーク」のマイク・シノダといった90年代ロックバンドや、若い世代に人気のファイヴ・セカンズ・オブ・サマーやザ・ヴァンプスらも登場する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >