2018/11/07 20:15

「ボヘミアン・ラプソディ」キャストが来日!鏡開きでヒット祈願「愛してくれると嬉しい」

ベン・ハーディは来日かなわず
ベン・ハーディは来日かなわず

 [映画.com ニュース] 世界的人気ロックバンド「クイーン」を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」のジャパンプレミアが11月7日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、出演したラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)が出席した。

 マーキュリーの半生を中心に、数々の名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスを再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざる秘話を描き出す。現地時間11月1日に全米で封切られ、同国の音楽映画としては歴代2位となる、オープニング興行収入約56.6億円を記録。世界興収はすでに160億円を突破している。

 同館前の大階段に敷かれたカーペットでは、周囲に投げキッスを贈ったマレック。「クイーン」の面々は1975年の初来日以後、大の親日家として知られていただけに、「今夜、ここに来られて本当にワクワクしています」と、誠実さがにじむ穏やかなトーンで明かす。「日本が最初に『クイーン』を愛してくれ、『クイーン』も日本を愛していた。『クイーン』が日本に初めて来たとき、まるで『ビートルズ』のようだったと聞いています。できれば同じように、この映画を愛してくれると嬉しい」と思いを込め、「フレディは日本文化を愛していました。彼が持っていた着物を再現し、着るシーンがありますが、とても大きな意味がありました」と述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >