2018/11/07 23:10

塚本晋也監督「斬、」に込めた“時代劇ヒロイズム”へのアンチテーゼ

会見した塚本晋也監督
会見した塚本晋也監督

 [映画.com ニュース] 第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「斬、」の塚本晋也監督が11月7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われた会見に出席した。

 池松壮亮が主演、蒼井優がヒロイン役で共演した本作は、塚本監督が出演、脚本、撮影、編集、製作も兼ねた完全オリジナル作品。開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期を舞台に、時代の波に翻ろうされる浪人・都築杢之進(池松)と、不穏な時代を精一杯生きる農家の娘・ゆう(蒼井)らの姿を通して“生と死の問題”に迫っていく。

 司会者から最初に投げかけられたのは、各シーンに込められた“暴力と性”の要素についてだ。「1人の浪人が刀を過剰に見つめる」というコンセプトのもと練られた脚本は、「エロティシズムがなかった」という理由から撮影直前に改稿されていたようで「その要素をくっつけるのは少し不謹慎ではないかという気持ちもあったんです。しかし、そこを足さなければ嘘になる。やはり“人を斬れるか、斬れないか”というジレンマと性的な衝動は非常に近いところにあるという感触があった」と告白。さらに塚本監督自身が演じた澤村次郎左衛門役には、旧来の時代劇へのアンチテーゼ的な意味合いが込められていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >