2018/11/08 08:00

押見修造原作「惡の華」実写化決定 監督・井口昇×脚本・岡田麿里で青春のリビドー描く

監督・井口昇×脚本・岡田麿里
監督・井口昇×脚本・岡田麿里

 [映画.com ニュース] 累計発行部数300万部を突破した押見修造氏による漫画「惡の華」が実写映画化され、2019年に公開されることがわかった。押見氏の指名を受けた井口昇監督(「片腕マシンガール」「ブルーハーツが聴こえる」)がメガホンをとり、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる岡田麿里が脚本を担当。鬱屈とした青春のリビドーとトラウマ、そして魂の再生を描き出す。

 “絶望”をテーマに主人公の鬱屈とした青春を紡ぎ、「このマンガがすごい!2011」オトコ編の10位にランクイン、「マンガ大賞2012」ではノミネートを果たした同名漫画が原作。その過激なストーリー展開から“ティーン世代の禁断のバイブル”として愛され続け、13年にはユニークな手法でテレビアニメ化されたほか、16年には舞台化もされた。

 山々に囲まれた地で息苦しい閉塞感に苛まれながら、詩集「惡の華」への憧れを抱える中学2年生の春日高男は、ある日クラスのマドンナ・佐伯奈々子の体操着を見つける。誰もいない放課後の教室。胸の高鳴りを抑えきれずにいたその時、春日は人の気配を感じ、咄嗟に体操着を掴み逃げ出してしまう。クラスの変わり者・仲村佐和が、その一部始終を目撃していた。「ばらさない代わりに、私と契約しよう」。こうして2人の、奇妙だが甘美な共犯関係が始まった。仲村の奴隷と化した春日は、自己嫌悪や自己矛盾に引き裂かれそうになりながら、彼女に「惡の華」に似た魅力を感じていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >