2018/11/08 14:00

ハンガリー映画界の鬼才がスタニスワフ・レム「天の声」を原作に描きたかったこと

 [映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された「ヒズ・マスターズ・ヴォイス」は、ハンガリーに住む青年ペーテルは、謎めいた事故のドキュメンタリーのなかに、行方不明の父の姿をみて、アメリカに捜索の旅に出かける。その旅は次第に宇宙へと繋がり、人類の存在を考察するものとなる。豊かなイマジネーションを誇るハンガリー映画界の鬼才パールフィ・ジョルジが、VFXを駆使、アメリカ・カナダのロケも敢行してSF小説の巨星スタニスワフ・レムの「天の声」をもとに紡ぎだす。奇想に富んだエンタテインメントだ。

--スタニスワフ・レムの「天の声」を原作にした理由からおうかがいします。

パールフィ・ジョルジ(以下、パールフィ監督):原作は、宇宙からの信号を解明しようとする科学プロジェクトの顛末のなかに、哲学、科学、動物学など、いろいろな知的要素が入っています。このフォーマットをもとに、どのように映画化すればいいのか、視点でどのようにまとめればいいのか苦労しましたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >