2018/11/08 15:00

ラミ・マレック、1年費やしたフレディ・マーキュリー役への“憑依”語る

念願の来日を果たしご機嫌
念願の来日を果たしご機嫌

 [映画.com ニュース] フレディ・マーキュリーの半生と、世界的人気ロックバンド「クイーン」を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」の会見が11月8日、東京・港区の東京ミッドタウンで行われ、来日中の主演ラミ・マレック(マーキュリー役)、共演のグウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)が出席した。

 前日にジャパンプレミアイベントを行い、鏡割りでヒットを祈願した3人。この日はジョークを交えた軽快なトークを繰り広げ、報道陣を終始笑わせた。リーは「『クイーン』は1975年に武道館で公演した。そこで彼らは『自分たちが何者かになる』ということに気がついた。偉大な瞬間だ。私は何年もの間、東京に来ることが夢だった。叶いすぎて、自分の顔をつねっているよ」と大感激の様子。目の前のカップを指さし「そして、緑茶は素晴らしい」とニッコリ。マッゼロは「実は作品の撮影初日から、みんなで『プロモーションで日本に行けたら最高だ』と言っていたんだ」としみじみと振り返り、「残念ながら(ロジャー・テイラー役の)ベンは来日できていないので、後ろのバスのカットアウトで勘弁してほしい」といたずらっぽくほほ笑んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >