2018/11/09 14:00

リドリー・スコット監督「グラディエーター」続編が本格始動

第73回アカデミー賞では主要5部門を制した 写真:Album/アフロ
第73回アカデミー賞では主要5部門を制した 写真:Album/アフロ

 [映画.com ニュース] 80代を迎えてなお精力的に活動を続ける巨匠リドリー・スコット監督が、以前より意欲を燃やしていた「グラディエーター」(2000)の続編の製作に向け、ついに動き出したようだ。

 「グラディエーター」は、古代ローマ帝国を舞台に将軍から剣闘士となった男の数奇な運命を描いた歴史スペクタクル大作。第73回アカデミー賞では作品賞と主演男優賞(ラッセル・クロウ)を含む主要5部門を制した。

 米Deadlineが独占で報じたところによれば、続編では前作のラスト、コロシアムでの直接対決の末、妻子の仇であるローマ皇帝コモドゥス(ホアキン・フェニックス)を倒し、自らも果てたマキシマス(クロウ)に代わり、コモドゥスの甥(おい)にあたる若き皇位継承者ルキウスが主人公になるという。

 「ザ・タウン」や「トップガン」の続編「トップガン:マーベリック(原題)」を手がけたピーター・クレイグが脚本を執筆、スコットは自身の製作会社スコット・フリーを通して製作を務めるのに加え、自らメガホンをとる意向。米パラマウント・ピクチャーズが製作および配給元になる線が濃厚だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >