2018/11/11 11:00

引きこもりヒロインを全身で体現した趣里、かつてバレエ断念した自身と役を重ねる

 [映画.com ニュース] 女優の趣里が、主演映画「生きてるだけで、愛。」 (監督・関根光才)で、鬱の引きこもりのヒロイン、寧子を鮮烈に演じている。劇作家・小説家の本谷有希子氏による同名小説の映画化。今年の映画賞で主演女優賞の有力候補に名前が上がるのは確実だ。10代の時、けがでバレエを断念し、21歳の時に女優としてデビューした趣里。ひどく塞ぎ込んだ時期もあったそうで、「過去の自分、今持っている自分の揺れ動く感情がすごくピタッとくるものがありました」と語る。

 趣里が演じたのは、鬱による過眠症のせいで、引きこもり状態の寧子。雑誌社で、不本意ながらゴシップ記事を書いている津奈木(菅田将暉)と同棲生活を送っている。寧子は時折、自分自身すらコントロールすることができず、声を荒らげたり、突拍子もない行動に出てしまう。恋人の支えで、どうにか毎日をやり過ごす日々。やがて、カフェバーで働き出すようになるが…。これまでも「リバース」(2017)での狂気をはらんだ妻役、「ブラックペアン」(18)でのクールな看護師役などドラマで確かな演技力を見せているが、本作は映画の代表作になった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >