2018/11/11 13:00

「ポルトの恋人たち」柄本佑と中野裕太、ポルトガルは第二の故郷

柄本佑と中野裕太
柄本佑と中野裕太

 [映画.com ニュース] 柄本佑と中野裕太が、日本・ポルトガル・アメリカ合作映画「ポルトの恋人たち 時の記憶」(舩橋淳監督)で初共演した。18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、愛にまつわる復讐劇。柄本はポルトガルパートでは言葉を話せない日本人奴隷、浜松パートではブラジル系移民の労働者のクビを切るエリート会社員を演じ、英語セリフにも初挑戦。英語、イタリア語、フランス語などを話せる中野は約1カ月半でポルトガル語を習得。新境地に挑んだ2人が語り合った。

柄本 中野さんの第一印象は和製ニコラス・ケイジ。ヤク中の刑事をやった「バッド・ルーテナント」(2009年)の時の雰囲気に似ているんです。
中野 へえ、見てみよう。ポルトガルのホテルのエレベーターで会ったのが最初だね。佑くんはサッカーのベンチコートを着て、ハットで素足に下駄。いびつな感じが半端なかった。現代版「フーテンの寅さん」という感じ。で、背も高いから目立つ。すごく変わった人がいるな、と(笑)。
柄本 自分を鼓舞するという意味で、下駄の初陣にしたんです。下駄は中学、高校と履いていましたね。浮いていましたけど……。
中野 佑くんの尖った感じ、芯がある感じが好きだった。頼りがいのある感じ。最初から印象が好きでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >