2018/11/11 16:45

AKIRA、60代の特殊メイク本人と気づかれず「笑いこらえるの大変だった」

撮影は今年2月に京都で敢行
撮影は今年2月に京都で敢行

 [映画.com ニュース] 俳優の大森南朋が詩人の北原白秋、「EXILE」のAKIRAが作曲家の山田耕筰を演じた映画「この道」の完成披露試写会が11月11日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた。

 大森は、かん通罪で逮捕されるなど破天荒な人生を歩んだ白秋役に「教科書にも出てくる偉人ですから失礼のないようにと思ったが、台本を読むとだいぶ失礼だった」と苦笑い。撮影は今年2月に京都で行われ、「とにかく寒い。夏の設定もあったので、(吐く)息が白くなってはいけないので氷をたくさん食べさせられました」と愚痴った。

 すると、白秋の3番目の妻を演じた貫地谷しほりが「あれ(白い息)、出ますよね」と話し、大森も同意。AKIRAは、「出会いのシーンでは、ゴジラばりに出ていた」とちゃかした。

 そのAKIRAは、「童謡誕生100年という記念すべき年に携われて光栄。縁も感じて、全力でやらせてもらいました」と笑顔。60代の耕筰が合唱の指揮を執るシーンでは5~6時間かけた特殊メイクで臨んだが、「最初は合唱団の皆が僕だと気づかなくて、だんだん分かってきて笑い始めた。まじめなシーンだから、僕も笑っちゃいけないとこらえるのが大変だった」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >