2018/11/12 12:00

ビゴ・モーテンセン、失言を猛省&謝罪

ビゴ・モーテンセン Steve Russell/Toronto Star via Getty Images
ビゴ・モーテンセン Steve Russell/Toronto Star via Getty Images

 [映画.com ニュース] 俳優のビゴ・モーテンセンが、主演最新作「グリーン・ブック(原題)」の上映イベントで、黒人に対する差別用語として絶対的タブーとされている“Nワード”を口にし猛批判を浴びた件に関し、声明を通じて公式に謝罪した。

 トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞したことで、今年度の賞レースの注目作へと躍り出た「グリーン・ブック」。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ扮する黒人ジャズピアニストと白人運転手(モーテンセン)の2人が繰り広げる旅を描いている。

 米ロサンゼルスのアークライト・ハリウッドで11月7日(現地時間)、フィルム・インディペンデント主催の上映イベントが行われ、メガホンをとったピーター・ファレリー監督、共演のアリと揃って出席したモーテンセン。本編上映後の質疑応答で現代アメリカにおける人種問題に触れ、「例えば今では、もう誰も“ニガー”なんて言葉は使わないよね」と発言し、会場を凍りつかせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >