2018/11/12 14:00

「クリード」続編監督が明かす「ロッキー」シリーズの心象

撮影中のスティーブン・ケイプル・ Jr.監督、マイケル・B・ジョーダン (C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
撮影中のスティーブン・ケイプル・ Jr.監督、マイケル・B・ジョーダン (C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 [映画.com ニュース] 「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニス・ジョンソンの物語として復活させ、全世界興収1億7356万ドルを記録した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編「クリード 炎の宿敵」を手がけたスティーブン・ケイプル・Jr.監督が、本作のテーマについて語った。

 ライアン・クーグラー監督が手がけた「クリード チャンプを継ぐ男」は、ロッキー(シルベスター・スタローン)のライバルであり盟友であったアポロ・クリードの息子アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)を主人公とした物語。続編では、「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロを葬ったイワン・ドラコ(ドルフ・ラングレン)の息子ヴィクトル(フロリアン・ムンテアヌ)が登場し、アドニスが因縁の対決に挑む。

 ケイプル・Jr.監督は、前作をヒットに導き、「ブラックパンサー」も手がけたライアン・クーグラー監督から指名されてメガホンをとった。スタローンやジョーダンと会ったときのことを振り返ったケイプル・Jr.監督は「マイケル(・B・ジョーダン)はもちろん、シリーズを40年間やっているスライ(スタローン)でさえ、どれほど作品にコミットしているかを実感した。彼らと作品を築けるなんてとてもクールだと感じたんだ」と印象を明かす。「マイケルの出演作で初めての続編だったから、誰もが『1作目よりもより良いものにしよう』という高いモチベーションで臨んでくれた。みんなを見ると、僕も同じくモチベーションが上がった」と撮影に臨んだ心境を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >