2018/11/12 20:15

大泉洋、マイクではなくバナナ渡したスタッフに困惑「何だ、きみは」

“大泉劇場”を展開した大泉洋
“大泉劇場”を展開した大泉洋

 [映画.com ニュース] 渡辺一史氏によるノンフィクションを映画化した「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の完成披露試写会が11月12日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の大泉洋をはじめ共演の高畑充希、三浦春馬、渡辺真起子、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子、メガホンをとった前田哲監督が舞台挨拶に出席した。

 イベント開始冒頭、意気揚々と登壇した大泉には、マイクではなく本物のバナナが手渡された。しかし、しゃべりだす前にバナナが回収されたため、大泉は「このタイミングで代えられるの? すごい目立たない小ボケ……」と口をあんぐり。「バナナを持ってしゃべり出すくらいは考えていたんだけど。やめてほしい。テレビでも放送されない」とぼやきっ放しで、スタッフから再びバナナを渡されると「おい、これはもっと意味がわからないぞ! 何だ、きみは! 名前なんていうんだ!」とまくしたてた。なおも「浩市さんがすごい冷たい目で見ている。重鎮はすぐ怒ってくる」(大泉)、「どうせだったら、ずっと持ってろよ」(佐藤)と掛け合いを繰り広げ、場内を爆笑の渦に巻き込んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >