2018/11/13 12:00

ディズニーのストリーミング配信サービスの名称は「Disney+」に

ストリーミング配信サービスの名称は「Disney+」 写真:AP/アフロ
ストリーミング配信サービスの名称は「Disney+」 写真:AP/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーは、2019年ローンチ予定のストリーミング配信サービスの名称を「Disney+」(ディズニー・プラス)とすると発表した。

 先発のNetflix、アマゾン、Huluといったストリーミング配信との最大の違いは、Disney+のなかに「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」「ナショナル・ジオグラフィック」と、5つのレーベルが存在する点だ。大枠のサービスのなかに傾向の異なるレーベルが複数ある構成は、ディズニーパーク内に幾つものランドが存在する仕組みと似ている。

 それぞれのレーベルではオリジナルコンテンツが用意されており、「スター・ウォーズ」向けには「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に登場したカシアン(ディエゴ・ルナ)を主人公にした実写ドラマが制作されることが新たに発表された。既に制作中の「ザ・マンダロリアン(The Mandalorian)」に続き、2本目の実写ドラマとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >