2018/11/13 22:30

高杉真宙は“ケータイ”、加藤諒は“ベッド” 絶対に手に入れたい理由は「バッキバキ」

高杉真宙、携帯電話がバッキバキ
高杉真宙、携帯電話がバッキバキ

 [映画.com ニュース] 裏社会の実態を描く人気コミックを実写映画化した「ギャングース」の公開記念舞台挨拶が11月13日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、トリプル主演の高杉真宙、加藤諒、渡辺大知、メガホンをとった入江悠監督が出席した。

 少年院でともに過ごした“職なし、学なし、犯罪歴あり”の3人組サイケ(高杉)、カズキ(加藤)、タケオ(渡辺)が、犯罪集団が稼いだ収益金のみを狙って窃盗を繰り返す“タタキ稼業”を開始し、裏社会を生き抜くさまを描く。主演3人がそろうのは久しぶりだそうで、高杉は「やっと3人で集まれた。みんなと会えて嬉しい」と笑顔。作品への思いを「原作を手にとって読んだ時に、見たことがない世界で、不思議な感じがした。それをしっかり伝えられるように演じられたらと思っていました」といい、「この作品に出合えなかったら、知らない世界のまま終わっていたと思うことが多い。知らない世界を知れたことは、今の自分の血となり肉となっています。この作品に関わることができてよかった」と、成長の手応えをにじませながら語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >