2018/11/15 10:00

たっぷり撮影3カ月の「カツベン!」 周防正行監督「もう徹夜撮影はしたくなかった」

 [映画.com ニュース] 周防正行監督の4年ぶりの新作「カツベン!(仮題)」の岐阜ロケが11月13日、報道陣に公開され、周防監督が終盤に入った作品への思いを語った。本作は映画黎明期の大正時代を舞台に、活動弁士を夢見る青年・染谷俊太郎(成田凌)が、小さな町の映画館に流れ着いたことから始まる“アクション×恋×笑い”の要素を織り交ぜたノンストップ・エンタテインメント。撮影は近年の日本映画としては長い約3カ月弱を予定。「贅沢な時間を過ごさせていただいています。徹夜の撮影はもうやりたくない」と話した。(取材・文・写真/平辻哲也)

 9月18日、東映京都撮影所でスタートした撮影は2カ月近くを経過し、全体の8割が終わった。「これまでとは違う内容が盛りだくさんです。拳銃を撃つシーンをはじめ、アクションをたくさんやったので、ちょっと気分的に違いますね」。周防監督は、大ファンであるヤクルトスワローズ・山田哲人選手のトリプルスリー記念パーカーを着て、撮影に臨んでいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >