2018/11/15 23:28

米批評家サイトで満足度100%のスリラー「ギルティ」 森直人氏「一目瞭然の傑作」

 [映画.com ニュース]米批評家サイト「Rotten Tomatoes」で満足度100%を達成したデンマーク映画「THE GUILTY ギルティ」の特別試写会が11月15日、都内で行われ、映画評論家の森直人氏がトークショーに出席した。

 「電話の音声だけをヒントに誘拐事件を解決する」という設定が高く評価され、第34回サンダンス映画祭の観客賞に輝いたほか、世界中の映画祭で話題をさらったスリラー。緊急通報司令室にオペレーターであるホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある日一本の通報を受ける。それは、今まさに誘拐されているという女性からの架電だった。車の発進音、騒音、犯人の息づかい……。かすかに聞こえる音だけを頼りに、ホルムは“見えない事件”に挑んでいく。

 森氏は今作に大きく感情を揺さぶられたようで、開口一番「面白すぎてびっくりした。一目瞭然の傑作。見たらわかる」と太鼓判を押し、「意地でも司令室から出ないという(ワンシチュエーション)が斬新」と絶賛。物語の構造に話が及ぶと、携帯電話やインターネットなどの登場が「アルフレッド・ヒッチコックや、その優秀なフォロワーが築き上げてきた“サスペンス文法”を無効の危機にさらした」としたうえで、「携帯電話がサスペンスのメイン道具となったのは、おそらく2004年の『セルラー』が最初」と説明し、「『セルラー』の流れを最も受け継いだのは、13年の『ザ・コール 緊急通報指令室』でしょう。『ギルティ』を語る縦軸として、この2作品をぜひ押さえておいてほしい」と、その系譜にスポットを当てた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >