2018/11/16 06:00

西島秀俊×佐々木蔵之介「空母いぶき」に佐藤浩市、高嶋政宏、玉木宏ら総勢22人集結

豪華俳優陣が集結! (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ
豪華俳優陣が集結! (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

 [映画.com ニュース]かわぐちかいじ氏原作の漫画を西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化する「空母いぶき」の第2弾キャストが発表され、「64 ロクヨン」前後編の佐藤浩市、「柘榴坂の仇討」の高嶋政宏、「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」の玉木宏、「サムライせんせい」の市原隼人ら総勢22人の出演が明らかになった。

 原作は、2014年から「ビッグコミック」(小学館刊)で連載され、累計350万部を突破した人気作。舞台は、世界が再び空母の時代へと突入した20XX年の日本。最南端沖で国籍不明の軍事勢力が突然発砲し、日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。いぶきの艦長である秋津竜太を西島、副長の新波歳也を佐々木が演じる。

 潜水艦「はやしお」の艦長・滝隆信を演じた高嶋は「かねてより、かわぐち先生の描く『空母いぶき』の世界には、漫画であって単なる漫画ではない現実感を抱いていましたが、自分がその中へ入り、役とは言え体験した今、例えようのない危機感、恐怖感に冷たい汗が滴りました」と語る。護衛艦「はつゆき」の艦長・瀬戸斉明を演じた玉木は「近い将来に、日本が抱えるかもしれない社会問題を提起した、現実味のあるストーリーに魅力を感じています」、アルバトロス隊の隊長・迫水洋平を演じた市原は「日本人であり日本で活動する俳優としてこの作品に出合えたことを、心より誇りに思います」と、それぞれ作品への熱い思いを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >