2018/11/16 09:00

「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現

(C)松竹ブロードキャスティング
(C)松竹ブロードキャスティング

 [映画.com ニュース]第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」で作品賞を受賞した、野尻克己監督の長編デビュー作「鈴木家の嘘」が11月16日公開する。引きこもりだった長男が自死し、ショックで記憶を失った母のために残された家族が真実を隠し、様々な“嘘”で母の笑顔を引き出そうと奮闘する姿、そして再生までの道のりを、笑いあり涙ありのエモーショナルな演出で活写する。岸部一徳が一家の主、幸男を味わい深い演技で繊細に体現。「“家族”を改めて考えた作品」だという岸部と野尻監督に話を聞いた。(取材・文/編集部 撮影/間庭裕基)

 今作は野尻監督の実体験が基になっている。現実に起こった悲しみを創作物に昇華するまでの道のりは、決して平坦なものではなかっただろう。初監督作品で、家族の喪失というテーマを選んだ理由を明かす。「いくつか過去に脚本を書いていましたが、どこか浮ついたものしか書けなくて。やはり、覚悟とか、撮る根拠のあるものを書かなきゃいけないなと考え、この題材を選びました。兄が死んだことによって、家族ってなんだろうと考えるようになりましたが、プライベートな話だけを作品に収めることは好きではないので、観客が見て、共感できる映画にしたかったのです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >