2018/11/16 12:00

鈴木浩介&仲里依紗&安藤政信、稲森いずみ主演の不倫ドラマ「それを愛とまちがえるから」に出演

セックスレスに悩む夫婦の不倫劇を描く
セックスレスに悩む夫婦の不倫劇を描く

 [映画.com ニュース]稲森いずみが主演を務め、直木賞作家・井上荒野氏の小説をドラマ化する「連続ドラマW それを愛とまちがえるから」の追加キャストが発表され、鈴木浩介、仲里依紗、安藤政信の出演が決定。あわせて、特報(https://youtu.be/00PsIe-K7so)もお披露目された。

 本作は、セックスレスに悩む結婚15年目を迎えた夫婦の姿を笑いあり涙ありで描く“大人のラブコメディ”。専業主婦の伊藤伽耶(稲森)は、仕事熱心な夫・匡と結婚15年目を迎えた。しかし、そんな夫婦が抱える問題は、長きに渡るセックスレス。漫画家の誠一郎と不倫関係を結んでいた伽耶だったが、やがて夫にも恋人・朱音がいると判明し、夫婦とそれぞれの恋人が織りなす危険な四角関係が幕を開ける。「101回目のプロポーズ」「最高の離婚」などの人気ドラマを手掛けた宮本理江子氏がチーフ監督を務めている。

 鈴木が演じるのは、大手スーパーの課長であり、うだつのあがらないサラリーマン・匡。おおらかで人の良い性格だが、それが身近な人を傷つけていることに気づかないという鈍感な一面を持っている人物だ。「共演者の皆さんや宮本監督との撮影は楽しく、濃い時間を送ることができました」と充実の表情を浮かべる鈴木。「作中にはライブ感もあり、テンポが速い4人の芝居の掛け合いは大変でしたが、皆で力を合わせ、とても面白い作品になったと思います。是非、ご覧下さい」と仕上がりに自信をにじませている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >