2018/11/16 14:00

シャンソン界の女王演じたジャンヌ・バリバール、孤高の歌姫、バルバラを語る

(C)2017 - WAITING FOR CINEMA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO
(C)2017 - WAITING FOR CINEMA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

 [映画.com ニュース] 仏俳優マチュー・アマルリックが監督・脚本・出演を務め、伝説的シャンソン歌手バルバラの知られざる人生を描いた映画「バルバラ セーヌの黒いバラ」が公開された。主演は、女優、歌手として活躍し、かつてのアマルリックの元パートナーであるジャンヌ・バリバール。孤高の歌姫を演じたバリバールが来日し、撮影を振り返った。

--時系列の伝記ドラマではなく、現実と虚構をない交ぜにした入れ子の構成が、バルバラの豊かで複雑な内面を表わしているように感じられました。

 「当初から古典的な伝記映画は作らないようにしようと、マチューと話していました。私たちがやりたかったことは、バルバラを知らない人でもバルバラを好きになってほしいという思いです。かつて、ミロス・フォアマン監督は『マン・オン・ザ・ムーン』で、アメリカのコメディアン、アンディ・カフマンを描きました。我々は当初、カフマンという人物についての知識は全くなかったのですが、でもフォアマンは彼の人となりのわかる素晴らしい映画を作っています。ですから、同じことをやろうと思ったのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >