2018/11/17 10:00

遠藤憲一、竹中直人の「そろそろ俺が」発言に大笑い&掴み合い

白鳥玉季に「友達みたい」と言われる遠藤憲一
白鳥玉季に「友達みたい」と言われる遠藤憲一

 [映画.com ニュース] 遠藤憲一が元ヤクザの探偵役で主演を務めた「アウト&アウト」の初日舞台挨拶が11月16日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、遠藤をはじめ、岩井拳士朗、白鳥玉季、竹中直人、要潤、メガホンをとったきうちかずひろ監督が登壇した。

 「藁の盾」「ビー・バップ・ハイスクール」などで知られる木内一裕氏が、きうちかずひろ名義でメガホンをとり映画化した本作。小学2年生の少女・栞(白鳥)と2人で探偵事務所を営んでいる矢能(遠藤)のもとに、依頼の電話が入る。矢能は指定された場所に向かうが、依頼人は既に死亡しており、容疑者にされかねない状況が作り上げられていた。即座に対処しようとするが、事態は思いがけない方向へと転がっていく。

 会場に詰めかけた多くの観客を前に、遠藤は「30代の頃にやった単館の作品で、お客さんが4人だったことがあります。今日はこんなにたくさん来てくれて感謝してます」と感無量の様子。白鳥は「今日は『アウト&アウト』の誕生日のようなものですね。撮影中のことをいろいろ思い出して、(作品の)お母さんみたいな気分になりました。私、まだ8歳ですけどね」としっかり挨拶し、遠藤は優しい眼差しで見守っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >