2018/11/18 11:00

ジョージ・R・R・マーティンの「ワイルド・カード」を米Huluがドラマ化か

ジョージ・R・R・マーティン Photo by C Flanigan/Getty Images
ジョージ・R・R・マーティン Photo by C Flanigan/Getty Images

 [映画.com ニュース] 米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者ジョージ・R・R・マーティンのSFアンソロジー「ワイルド・カード」シリーズのドラマ版を、米Huluが準備していると米ハリウッド・レポーターが報じている。

 「ワイルド・カード」は、1946年に異星人によってウィルス爆弾が投下され、感染者の9割が死亡した世界が舞台。生存者の大半が肉体的な変容を遂げた“ジョーカー”となり、その中の一部が特殊能力を発現させた“エース”という設定で、正義と悪の戦いが展開される。複数の作家が執筆する競作シリーズとしても知られている。マーティンが執筆と編集を担当し、87年から現在までに4つの出版社から27冊が刊行されている。

 関係者によれば、制作会社のユニバーサル・ケーブル・プロダクションズが、米Hulu向けに「ワイルド・カード」を題材にした2つのテレビシリーズを準備中だという。マーティンとSF作家のメリンダ・スノッドグラスが制作総指揮を務め、「シークレット・サークル」「クレイジー刑事 BACKSTROM」のアンドリュー・ミラーがショーランナーとして脚本家チームを率いる予定だ。

 なお、マーティンの「氷と炎の歌」シリーズを原作にした「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終章は、来年4月に世界同時放送されることが発表されたばかり。日本ではBS10スターチャンネルで放送される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >