2018/11/19 15:00

斎藤久志監督作「空の瞳とカタツムリ」ストーリーの着想は相米慎二の“遺産”

舞台挨拶に立った斎藤久志監督やキャスト陣
舞台挨拶に立った斎藤久志監督やキャスト陣

 [映画.com ニュース] 第19回東京フィルメックスの特別招待作品「空の瞳とカタツムリ」が11月18日、東京・有楽町スバル座で上映され、キャストの縄田かのん、中神円、藤原隆介、メガホンをとった斎藤久志監督、脚本の荒井美早が舞台挨拶に立った。

 交尾を行う際に「恋矢(れんし)」と呼ばれる生殖器官を互いに突き刺しあうカタツムリ――雌雄同体の心を持てあましながらカタツムリのように絡みあう4人の若者の姿を抒情的に描く。企画の発端となったのは、俳優ワークショップ「アクターズ・ヴィジョン」だ。「当時、荒井晴彦さんが担当されていて、その時のテキストのようなものがあった。『こういうのお前は上手いから』と話を振られたことから端を発している」と斎藤監督。そこに「ションベン・ライダー」「台風クラブ」で知られる相米慎二監督の“アイデア”が加わることになったようだ。

 「『空の瞳とカタツムリ』というのは、相米さんが映画のタイトル案として遺していたもの。紆余曲折はあったんですが、プロデューサーから『このタイトルで書かないか?』と美早さんにお話があったんですよ」と明かした斎藤監督。タイトルから物語を紡ぐことになった荒井美早は「まずはカタツムリについて研究するところから始まりました」と前置きし、「カタツムリは“恋矢”を突き刺し合いながら交尾をするんですが、その行為によって自身の寿命が縮まる。その事実を知ってからは、筆が進むようになりました」と振り返った。そして「不器用なキャラクターの話なのですが、こういう人々もいるんだと受け取ってもらえると嬉しいです」と思いの丈を述べていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >