2018/11/20 05:00

佐藤浩市&渡辺謙、福島第一原発事故“最前線”で戦う! 映画「Fukushima 50」製作決定

メガホンをとるのは「沈まぬ太陽」の若松節朗監督
メガホンをとるのは「沈まぬ太陽」の若松節朗監督

 [映画.com ニュース] 日本映画界を代表する名優の佐藤浩市と渡辺謙が、東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」で共演することがわかった。劇場用映画では、2013年に公開された「許されざる者」(李相日監督)以来のタッグとなる2人。主演の佐藤が福島第一原発1、2号機当直長・伊崎利夫役、渡辺が福島第一原発所長・吉田昌郎役を熱演する。

 原作は、90人以上の関係者の取材をもとにつづられた門田隆将氏のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)。2011年3月11日午後2時46分――マグニチュード9.00、最大震度7という日本の観測史上最大の地震が発生し、太平洋からの巨大津波が福島第一原子力発電所を襲った。“メルトダウン”が刻一刻と迫るなか、伊崎は次々と起こる不測の事態に対して、第一線で厳しい決断を迫られる。一方、所長・吉田は現場の指揮を執りながら、状況を把握していない本社とのやり取りに奔走。緊急出動する自衛隊、「トモダチ作戦」の発動とともに米軍も動くなか、現場では約50人の作業員が戦い続けていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >