2018/11/20 15:00

終わらない「2001年宇宙の旅」の熱狂 超高精細8K版が12月1日放送、鑑賞する裏技は?

 [映画.com ニュース] 製作50周年を迎え、日本でも各種イベントが盛んに催されたスタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」(1968)。10月6~14日にニュープリント“アンレストア”版70ミリが東京・京橋の国立映画アーカイブで上映されたほか、同19日からはIMAX版が全国の劇場で2週間限定公開され、12月19日にはブルーレイの4倍とも言われる高解像度フォーマット「4K ULTRA HD」版が発売される(当初は11月21日発売予定だったが、製作上の都合で延期に)。

 時を超え、深遠なる熱狂を巻き起こし続ける本作だが、日本での製作50周年企画はまだ終わらない。新たに開局するNHKのBS放送局「BS8K」で、12月1日の午後1時10分から8K版が世界で初めてテレビ放送される。ハイビジョンの16倍の画質を誇るという超高精細映像で、本作を新たな角度から見つめることができる。

 国立映画アーカイブで上映されたアンレストア版70ミリは、当時のキューブリック監督が注ぎ込んだ執念とも言えるオーラを再現したこと、そして「こんなものまで映っていたのか」と驚嘆するほどの高密度の映像が、日本の映画ファンを唸らせた。忘れ去られつつあった“作品が本来持っていた魂”を、現代によみがえらせたこと……。各回の上映終了直後に起きた映写室への拍手は、観客の肉体から精神が分離し、時間と空間を超えた遥かな旅路を堪能したことの証左であり、その価値を雄弁に物語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >