2018/11/21 21:00

手塚治虫の問題作「ばるぼら」実写映画化 主演に稲垣吾郎、ヒロイン役に二階堂ふみ

 撮影はすでに終了しており、稲垣は手塚作品の世界で生きた日々に「子どものころから読んでいましたし、以前、舞台で『七色いんこ』をやらせてもらっていた。手塚作品で育ってきたようなものなので、光栄でした」と目を細める。魔性のヒロインに扮した二階堂は、幼少期から「火の鳥」「アトム」を読んでいたと前置きし、「『ばるぼら』を読むと、怖くなるような感覚があった。どちらが本当の手塚先生なのか。その謎を知りたいと思い、参加させていただきました。現場ではスタッフの方と、『ばるぼら』は『黒い部分の手塚先生だ』と話しながら、みんなで考え、答えを探している感覚でした」と振り返った。

 日独英の共同製作で、世界的カメラマンのクリストファー・ドイルが撮影監督として参加。現場は日本語、英語、中国語が飛び交い、手塚監督によると「日本なのに海外のよう」だったという。稲垣は「監督とクリスさんの世界観が美しい。耽美的、退廃的で好みに合っていた。夢のようで、現実だったのかなと思ってしまう。今まで経験したことのない時間で、ばるぼら役の二階堂さんが夢の世界にいざなってくれた。(観客には)壊れゆくときにしか出せない色気、尊さを感じてもらえる」と自信に満ちた声色で語り、二階堂も「初めてのことばかり。アートは言葉ではなく、感覚で共有されると改めて感じさせてもらった」としみじみ話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >