2018/11/22 13:00

「ギャングース」入江監督&高杉真宙、目指したのは“生身の物語”

取材を重ね、作品の糧にしていったという2人
取材を重ね、作品の糧にしていったという2人

 [映画.com ニュース] 犯罪集団だけを狙った窃盗(タタキ)を繰り返す少年3人の生き様を描く人気コミック「ギャングース」を実写映画化した入江悠監督(「22年目の告白 私が殺人犯です」「ビジランテ」)と、トリプル主演のひとりである俳優の高杉真宙が取材に応じた。

 原作は、未成年犯罪者を取材したルポライター・鈴木大介氏によるノンフィクション書籍をもとに、肥谷圭介氏が漫画を担当した同名コミック。「散歩する侵略者」「虹色デイズ」など躍進目覚ましい高杉をはじめ、バラエティ番組でも活躍する加藤諒、「勝手にふるえてろ」「寝ても覚めても」など俳優としても活躍するロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカル・渡辺大知がトリプル主演を務める。親から虐待され、学校にも行けず、青春期のほとんどを少年院で過ごしたサイケ(高杉)、カズキ(加藤)、タケオ(渡辺)の3人が、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙うタタキに手を染め、裏社会を生き抜こうとする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >