2018/11/22 19:25

「26th キネコ国際映画祭」開幕! 横山だいすけの人生の指針となった映画とは?

11月26日まで開催!
11月26日まで開催!

 [映画.com ニュース] 日本最大規模の子ども世界映画祭「26th キネコ国際映画祭」のオープニングセレモニーが11月22日、東京・iTSCOM STUDIO&HALL二子玉川ライズで行われ、戸田恵子、中山秀征、高橋克典、横山だいすけが出席した。

 1992年に渋谷でスタートし、26年目を迎えた今回は、国内外の選りすぐられた長編短編・全44作品(洋画28作品、邦画16作品)を上映。この日は同映画の魅力の1つである“ライブシネマ”(声優による生吹き替え上映)が行われた。クロアチア映画「真っ赤なリンゴ」を戸田が単独で声をあてた後、中山、高橋、横山も加わり、アフガニスタンを舞台にした「生きのびるために」(本編より一部抜粋)を披露。子どもたちは目の前で映画に息吹が注がれていくひと時を、満面の笑顔で楽しんでいた。

 「ドレミの歌」を場内全員で歌い上げると“好きな映画音楽”をテーマにしたトークが展開。「私は『ロッキー』のテーマ曲。やる気を出すために聴きますね」(戸田)、「僕は懐かしい作品なんですが『蒲田行進曲』。哀愁のある映画界を描いているところが素敵」(中山)、「最近だと『パイレーツ・オブ・カリビアン』が格好いい。53歳の立場でいうと、ニーノ・ロータの曲が好きですね」(高橋)と三者三様の答えが出るなか、横山の口から飛び出したのは「ニュー・シネマ・パラダイス」。メロディを口ずさみながら「ゆったりとした気持ちになれるんですよね。家でゆったりとしたいなという時は、必ず聴きます」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >