2018/11/24 19:00

第19回東京フィルメックス最優秀作品は、キルギス人不法移民女性の過酷な日々描く「アイカ」

最優秀作品賞に輝いたセルゲイ・ドボルツェボイ監督
最優秀作品賞に輝いたセルゲイ・ドボルツェボイ監督

 [映画.com ニュース]第19回東京フィルメックスの授賞式が11月24日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、カザフスタン出身のセルゲイ・ドボルツェボイ監督による「アイカ(原題)」が最優秀作品賞に輝いた。

 「アイカ(原題)」は、不法滞在でモスクワで働く25歳のキルギス人女性の物語。生んだ子供を捨て去り、彼女の運命はますます過酷になる。ドボルツェボイ監督は「ちょうど10年ほど前に東京国際映画祭で『トルパン』を上映していただき、良い評価をいただきました。また、今回日本で評価をいただいたのは私たちの文化と、日本人の文化や感情に近いものがあるのではないかと感じました。私は小津安二郎、溝口健二、黒澤明監督の映画を尊敬しています。今回の主役の女性は巨大なモスクワで右往左往する小さな存在で、彼女の心の動きが大きなテーマです。不法労働者についてはキルギスの女性の話だけではなく、世界中で起きていることだと思います」と受賞の喜びと映画に込めた自身の思いを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >