2018/11/25 18:47

「生きてて良かったと思える景色」窪塚洋介、豊田利晃監督ドキュメンタリーで息子と小笠原の自然を堪能

 [映画.com ニュース]第19回東京フィルメックス特別招待作品「PLANETIST」が11月24日上映され、豊田利晃監督のほか、出演者の宮川典継、窪塚洋介、渋川清彦、中村達也、ヤマジカズヒデが舞台挨拶に立った。

 「東洋のガラパゴス」と称される小笠原諸島の自然や歴史、そして野生のイルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムを確立し、伝説のサーファーと呼ばれる宮川典継を追ったドキュメンタリー映画。宮川を追いながら、島に呼ばれたミュージシャンや俳優たちが小笠原の自然の中で解放されていく姿が映し出される。

 本作で、窪塚は息子の窪塚愛流と共に島に滞在し、雄大な島の自然に触れ合う姿が映し出される。「生きてて良かったと思える景色を死ぬまでにどれくらい見られるかと思うけど、小笠原は間違いなくその中のひとつ」と振り返った。渋川は「今日は宝くじ売り場に人がたくさん並んでいました。夢を買うのもいいけど、小笠原に行ったらもっといい夢が見られます」と小笠原の魅力をアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >