2018/11/26 21:30

【国内映画ランキング】「ファンタビ」余裕のVで早くも100万人超え、「ボヘミアン・ラプソディ」も2位で奮闘

「ファンタビ」最新作が初登場1位 (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.
「ファンタビ」最新作が初登場1位 (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

 [映画.com ニュース]11月24日~25日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。大ヒットファンタジーシリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が初登場で首位を獲得した。11月23日から全国1008スクリーンで公開され、土日2日間で動員57万0344人、興収8億5400万7700円を稼ぎ出した。これは2016年11月23日より公開され、最終興収73.4億円を記録した前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の興収比103.8%の成績。公開3日間では動員100万0793人、興収14億7193万4500円をあげている。前作は公開5日間で100万人突破だった。初日の興収は6億1792万6800円を記録し、前作を超える絶好調のスタートを切った。

 公開3週目の「ボヘミアン・ラプソディ」は、週末2日間で動員27万8910人、興収3億9502万円をあげて2位。この成績は前週比102%、オープニング週末比だと117%という驚異的な尻上がり傾向。累計動員は166万0936人、興収は23億3610万円を達成した。テレビでの相次ぐ露出に加え、ヒットの分析を各方面から行うネットの記事も大量に登場し、リピーターも続出するなど社会現象化している。最終興収は50億円を超える可能性も出てきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >